キャッシング比較TOP > FAQ

キャッシングFAQ:貸金業規制法って?

貸金業規制法ってどんな法律?

1.貸金業を営む場合は県・財務局の登録が必要

ア .貸金業の規制等に関する法律(以下「貸金業規制法」という。)第3条において、貸金業を営もうとする者で、二以上の都道府県の区域内に 営業所等を設置してその事業を営もうとする場合は財務局長の、一の都道府県の区域内にのみ営業所等を設置してその事業を営もうとする場合にあっては、その営業所等の所在地を管轄する都道府県知事の登録を受けなければならないと規定されています。

なお、財務局長又は都道府県知事の登録を受けている貸金業者は、それぞれ登録番号を有しています。 その登録番号は、貸付条件の広告や契約の際に交付される書面などに記載されています。

イ .同法第11条において、登録を受けない者による無登録営業は禁止されています。
登録を受けずに貸金業を営んだ者に対しては、3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処し、又はこれを併科するとされています。

2.取立て行為の規制

貸金業規制法第21条において、貸金業者等は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たって、人を威迫し又はその私生活若しくは 業務の平穏を害するような言動により、その者を困惑させてはならないと規定されています。

(注) 平成12年6月1日より施行された法律では、従来の貸金業規制法に比べ、行為規制の強化が行われ、貸金業者の貸付けに 係る契約について保証した保証業者が弁済をした場合や貸金業者の委託を受けた第三者が弁済をした場合において、これらの者が 取得した求償権等について、これらの者が行う取立て行為についても、違法な取立て行為の禁止を含めた行為規制の対象となっています。

3.貸金業者が債務者及び保証人に交付しなければならない書面

ア .貸金業者は、貸付けに係る契約を締結したときは、遅滞なく、貸付けに係る契約の内容を明らかにする書面をその相手方に交付しなければならないこととされています。(貸金業規制法第17条第1項)

イ .貸金業者は、貸付けに係る契約について保証契約を締結しようとする場合には、事前に、保証契約の内容を説明する書面をその当該保証人になろうとする者に交付しなければならないこととされています。(貸金業規制法第17条第2項)

ウ .貸金業者は、貸付けに係る契約について保証契約を締結したときも、遅滞なく、保証契約の内容を明らかにする書面及び貸付けに係る契約の内容を明らかにする書面を当該保証人に交付しなければならないこととされています。(貸金業規制法第17条第3項、第4項前段)

エ .貸金業者は、当初の保証契約締結時のみでなく、根保証契約などの場合で債務者に追加融資が行われた場合は、遅滞なく、当該貸付けに係る契約の内容を明らかにする書面を当該保証人に交付しなければならないこととされています。(貸金業規制法第17条第4項後段)

4.受取証書の交付

貸金業規制法第18条において、貸金業者は、貸付けの契約に基づく債権の弁済を受けたときは、その都度、直ちに、受取証書を当該弁済をした者に交付しなければならないこととされています。

5.みなし弁済

利息制限法では、民事法上の上限金利(元本10万円未満の場合年20%、元本10万円以上100万円未満の場合年18%、元本100万円以上の場合年15%)を定め、それを超える利息の約定について、その超過部分を無効としています。

ただし、貸金業者からの借入れについては、債務者が利息制限法の上限金利を上回る利息を任意に支払った場合で債務者等に必要な書面の交付が行われている場合は、貸金業規制法第43条(任意に支払った場合のみなし弁済)の規定により、 利息制限法の規定にかかわらず、有効な利息の債務の弁済とみなすこととされています。

キャッシングFAQ一覧に戻る